夏のお中元に向けて、鯛だし麺つゆとおそうめんドレッシングをより楽しんでいただけるレシピ紹介をさせていただきます♪
※お素麺は茹でた後、氷水にひたし、しっっっっっかりとしめることで、半田そうめん特有のコシが活かされます。

お素麺をサラダに合わせて、瀬戸内レモンドレッシング鯛だし麺つゆで。
鯛だし麺つゆはお水でわります。
お野菜は、ベビーリーフやレタスなどのお好みのお野菜に、茗荷やトマトなどお好みで。
冷蔵庫のあまり野菜などでも十分かと思います。
レモンドレッシングと麺つゆの相性がよく、一気に洋風なテイストに。
瀬戸内レモンドレッシングもいいですがはれひめ&人参ドレッシングと鯛だし麺つゆの組み合わせも好きでした^^

次に、広島県岩城島のレモンと、鯛だし麺つゆの一皿。


鯛だし麺つゆにレモンの風味が溶け、爽やかな美味しさです!絶品!
岩城島のレモンはとてもおすすめで、皮ごと食べれるほどまろやかで、レモンの酸っぱさはありつつもおさえめ。
レモンも残さず食べられます!

千年松には海辺のオリーブ園がありますので、オリーブオイルでアレンジしたレシピも作ってみました♪

こちらはしっかりしめたそうめんの上に、アボカド、きゅうり、刻み茗荷に青のり。
そしてオリーブオイルと鯛だし麺つゆをあわせ、最後にブラックペッパーを少々。
お好みでレモンを絞っても美味しいです。
鯛だし醤油同様、鯛だし麺つゆも、アボカドととても相性が良く、そこにオリーブオイルが加わることで一層まろやかな味わいになります。

次にオーソドックスにお素麺を楽しむ一皿。


おろし大根を大葉に乗せ、縦切りにした茗荷、そしてわさびと鯛だし麺つゆ
わさびのアクセントとおろし大根と茗荷は、食べ飽きることのない魅力があります♪

おかみさんイチ押しの半田そうめんの食べ方を伺ったところ、『釜玉!』とのことでしたで、おそうめんを釜玉でいただくアレンジレシピも作ってみました。


しめたおそうめんに、とろろと刻みネギと鰹節、そして卵の黄身を乗せたら、鯛だし麺つゆを原液でかけます!
卵と麺つゆととろろの相性が抜群で、ツルツル進みます。
焼き海苔を乗せても美味しいと思いました。

最後に、温かいシリーズも一品作ってみました。


こちらは、たらこクリームのお素麺です♪
牛乳と鯛だし麺つゆと生クリームを弱火で煮込みます。
その中にバターを溶かして入れ、ブラックペッパーで味を整えたら、たらこの中身を入れ、ゆっくり弱火でかき混ぜます。たらこは多めに入れるのが美味しかったです。
スープがピンク色になってきたら、器にあらかじめもったそうめんにいれ、ごまと大葉とたらこを乗せます。
鯛だし麺つゆがベースになっているスープなので、魚介であるたらことの相性もよく、温かいやさしいお味のスープまでほっこり楽しめます。

夏のお中元では、お素麺を楽しめるシリーズのご提案をさせていただきますので、ぜひ楽しみになさってください♪

作ってみたおそうめんは、スタッフみんなで美味しくいただきました!
もしこういうアレンジも美味しかったよ!などありましたらぜひ、私たちとシェアしてください^^

お中元に向けて、オンライン販売の方も整えて参りますのでよろしくお願いいたします♫

No responses yet

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です